2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

筆記は右に直すべきだろ

1 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/04(土) 01:01:46 ID:YbgnSqcO
言わずもがな日本語は右で書くこと前提で作られてる。
左のままの奴って親に見離されたのか。

2 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/04(土) 01:27:41 ID:sYcfJrr2 ?2BP(111)
日本語(笑)は無視して英語様に力を入れよう入れようといわれてる昨今、
くだらない伝統(笑)に執着することに意味はない

はい論破

3 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/04(土) 16:20:03 ID:p875kSdl
まあ普通に字を書くだけならともかく
書道教室に来て左利きをなおさない奴ってなんなの?

4 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/05(日) 06:33:00 ID:2ox458qD
>>3
直そうと思ってなおせるもんじゃないだろJK

5 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/05(日) 08:29:11 ID:nlLBBOfl
>>1
右利きの嫉妬君は退席していただきたいな
そこまで左利きが嫌か
左利きだと一切の文字が書けないとでもぬかすか
お前の親は溺愛か(笑)

6 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/05(日) 09:39:13 ID:gAkRpAAt
高校時代の左利きの化学の教師が「字は右で書いた方がいい」って言ってた。
その人はもちろん書くのはは右に矯正。

7 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/05(日) 10:26:05 ID:CEg4B1h+
>>4
ykym

8 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/05(日) 18:34:25 ID:8u4YGwXg
そもそも"直す"という考え方が気に食わん。

9 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/05(日) 22:26:34 ID:g+YGDpmH
たまたま使いやすい手が左だっただけでやいやい言われる筋合いはない

10 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/06(月) 01:40:57 ID:9glMls2j
箸を持つのは左だけど文字書くのは右

11 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/06(月) 23:46:19 ID:fJWpXvc6
>>10
俺も。
よく飯食いながら勉強とかメモ書きとかするな。

12 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/07(火) 00:26:23 ID:dcLjQxho
字が右だと、消しゴムを左で使える。
というか、右利きの奴が左で消しゴム
使えないって聞いて、驚いた。

13 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/08(水) 18:57:27 ID:JuDItKjy
左利きで正しい鉛筆の持ち方出来る人少ないよね
親指の付け根を支点とする独特の持ち方する人が多い

自分もその一人なんだけど、左利き用の筆記矯正器具「もちかた君」っての
使ってみたけど、すごく書きづらくて直せそうに無い

14 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/12(日) 23:41:14 ID:jZXuemai
てか反転して書けば問題なくね?

15 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/13(月) 22:21:57 ID:3z8OdJIk
>>13
この前なんかの番組で初めて正しい鉛筆の持ち方って知ったんだけど、
左の俺が正しい持ち方してて自分自身で驚いたwwそのへんの右利きよりフォームが綺麗な事が自慢w
因みに極端に手首曲げて文字書く人いるけど、あれでもない。ほんと基本に忠実、左なのにww何でだろうか。
小さい頃から習字のときは右手で書かされていたからだろうか。

16 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/24(金) 06:10:05 ID:VlywtbJM
左で書いても持ち方さえちゃんとしてれば綺麗な字は書けるよ

17 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/24(金) 12:06:11 ID:NWqoccW4
餅型君

18 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/24(金) 21:33:37 ID:7/iVkxef
左手で正しい持ち方で書いてる人の動画見てみたいな
でも紙はやっぱり左上にずらすよね?

19 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/25(土) 17:50:37 ID:eJR1QG4I
>>15だけど、紙はまっすぐにして書いてるよ。
右利きでも左利きでも、紙斜めにして書いてる人多いよね。
黒板なんかに書くとき苦労するだろうなーとか思いながら見てる。

20 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/25(土) 19:06:41 ID:lVNGAhlP
右利き・左利き関係ないが、親指曲げてペン持ってる奴大杉だろ。
関節痛くないのか?

21 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/26(日) 03:41:29 ID:JQO/DfL/
全ては慣れ。
そして全てに於いて「正しいやり方」など存在しない。
あるのはただ古く愚かな風習のみ。

22 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/27(月) 05:14:49 ID:mfyEiqkD
字なんて読めれば良いのだ

23 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/27(月) 11:41:41 ID:dL9WlyuS
綺麗な字かどうかはともかく丁寧に書けばよいと思う
手書き文字をPCに入力する仕事してると読めればいいと本当に思う


24 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/27(月) 23:46:29 ID:OBoz5Kh4
俺学生の頃クラスで一番字が綺麗で色々任せさせられたぞ
ペン検も2級持っているが筆ペンだけはお手上げだ

25 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/30(木) 23:29:32 ID:0xc+Aih8
学級文集で題字や文章書くの任されたそんな私は左利き
今見てもクラスでは1番うまく書けてると思う


26 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/31(金) 06:55:43 ID:RV4hwFhG
それは凄いな。


27 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/31(金) 10:07:03 ID:VtMU3Oqi
一度、文字を右に直された左利きよヌ
子供時代から右文字は疲れやすくて嫌だった。
文字書きなんかクソくらえ!おんどりゃ〜(怒)
みたいなヌ
左文字に直したの、そうしたら「気色ええ感じbもう右手で字なんか書いていられるかヤ」
それ以来、文字は左ですbb

28 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/31(金) 13:35:42 ID:VtMU3Oqi
文字は右利き用に作られてます。全部…。

29 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/31(金) 23:16:23 ID:MOj9rojF
俺が小学生低学年の頃、道に落ちていた1万円札をネコババせずに交番にとどけた。
6か月が経過して、落とし主が現れないのでもらえることになり、本署に行ってサインしたとき、
「あー、、ぎっちょですか。早く右に直した方がいいですよー。。。」
俺が今後落ちてるカネを拾った時は、速攻でネコババしてやる!と固く誓ったのは言うまでもない。

30 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/31(金) 23:22:49 ID:nje4jPh5
余計な御世話だな

31 :鏡の向こうの名無しさん:2008/10/31(金) 23:27:29 ID:shbeCqaV
習字に通ってるんだけど…
やっぱり字は右が書きやすいから右で書いてる
右で書き続けて今では師範免許もあるよ

32 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/01(土) 03:25:15 ID:coqdYQLf
右で書くように練習して
最近はそこそこ書けるようになったが
右での字の書きやすさは異常
字が流れるように書ける
左だと書き順通りに書く時に押さなきゃいけないから
自分は筆圧がものすごい強かったけど
右は自然にストレスなく書ける

33 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/01(土) 15:40:56 ID:iR5OBsYb
>>19
正しいフォームで書くと、左手で自分の書いた文字が隠れてしまいませんか


34 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/01(土) 16:01:58 ID:y6binxoM
左で書くと横書きの時手が鉛筆で汚れるんだよな
逆に縦書きの時便利だが

35 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/01(土) 17:52:34 ID:O7lXCBI6
>>2
だったら英語で書け

36 :鏡の向こうの名無しさん :2008/11/01(土) 20:21:57 ID:PehhFWnn
人に見せるときは綺麗に書けるから右で書くよ
すぐに疲れるから
それ以外は左で書く様にしてるよ


37 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/02(日) 21:56:42 ID:Y3nJ2EWy
ぶっちゃけ大して変わらないよな。字が上手い奴は何利きでも上手い。

38 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/04(火) 00:25:38 ID:uAVF6CY3
右手で字を書きながら、左手に消しゴムを持って消せる。

この素早い動きは受験時代に密かな自慢だった。
なんせ周りの右利きどもは、字を消すのにわざわざシャーペンを置いて消しゴムに持ち換える必要があり、毎回数秒のロスを余儀なくされるのだからな。

39 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/04(火) 00:55:37 ID:DxPq3Hkk
カード支払いのときとか、なにかの契約書にサインするとき、
書きやすいように筆記用具だしてくれる場合があるが、左利きの俺には
つらいんだな


40 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/04(火) 01:15:50 ID:DxPq3Hkk
それにさ、書き物する紙を右斜めにむけて書かない?
俺もそうなんだが、左ききの書くとこ見ると、傾けてる人いるな。
そうでない左利きもいるが

41 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/04(火) 23:16:11 ID:cd6Vo41a
筆記も八年前から直そうとたまに努力してるんだが結局直らねえw

42 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/05(水) 15:59:31 ID:WQ5sz89B
>>41
「たまに」だから直らないんだよ
1ヶ月ぐらい右手だけで字を書くようにしてみな?

43 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/05(水) 20:31:40 ID:ZXe/69A1
別に今さら直す気はないけど、長電話とかしてる時に
メモ帳で右で書く練習してる
苦手な字とか落書きとか

44 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/08(土) 08:01:22 ID:BUfXoGRd
アラビア語は左利きに馴染みやすい?
右から左に向かって書くそうだけど

45 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/09(日) 20:41:28 ID:Kc5dzQaE
>>39
銀行とかだと窓口にペン置いてあったりするけど、右利き前提なんだよね。

46 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/11(火) 15:02:53 ID:LOzL8eUO
窓口とかにあるヒモとかコード付きのボールペン最悪
右側にあるから書くときに邪魔すぎ

47 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/13(木) 19:03:30 ID:VVJIfJpz
そうなんだ・・・

48 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/13(木) 19:05:20 ID:VVJIfJpz
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/hidari/1223049706/39へw

49 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/14(金) 19:21:05 ID:LBqMSjG+
>>33
板書とかは文章ごとに書いてるから不便感じないよ。
ある程度記憶してから書く、みたいな??そのためか物覚えはいいよ。
>>38
俺は左手でシャーペン持ちつつ左手で消しゴム持って消してるけど、みんなそうじゃないのか。

50 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/22(土) 01:44:09 ID:PL7zVg7a
>>49
自分も消しゴムの使い方はこっちだったな‥
無意識にやってたからな‥
時間の短縮とか考えたら、右に消しゴムの方が確かにいいかもね。


51 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/22(土) 12:52:06 ID:l5CcRi81
左利きの書く文字は丸っこすぎて気持ち悪い。
即刻矯正せい

52 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/22(土) 15:52:28 ID:psbKuKkW
矯正って考えちゃだめだ。
挑戦って考えるんだ。



53 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/22(土) 15:55:55 ID:inf1UznT
左利きって少数だから右利きに叩かれるよね。

54 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/22(土) 17:39:06 ID:ZnaW5rNj
箸と文字だけ右に直されたけど、習字は右にしたおかげでやりやすいし、右に鉛筆持ったまま左で消せるし、直されて良かったと思ってる。
字も練習したらきれいに書けるようになったし。
もし将来自分の子供が左利きだったら同じく右に直させたいと思う。

55 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/23(日) 12:16:58 ID:+oo62hx5
>>50
ってか、一回シャーペン置いて消しゴム持って使う人いるけど、
わざわざシャーペン置かんでも普通に使えるよな。あっちの方が不可解だ。

56 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/23(日) 16:55:43 ID:xPYP7f72
>>54
失礼だけど、知能は問題ないの?

57 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/24(月) 16:04:50 ID:F623eNAz
>>56
^p^あうう?

58 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/24(月) 18:45:11 ID:nKTtuAno
兄弟揃って硬質習字に行ったが、弟だけ直った。
俺が小5で弟が小3だったから、そのあたりが
書き文字を左→右にコンバート可能な年齢の境目なのかもね。

ちなみに父親も元は左利きで、矯正して両利きになったから
バリバリの左利き家族だ。

59 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/25(火) 11:51:21 ID:YgU6bN6P
>>56
もし、失礼だったら、ごめん(*^o^*)
君は知能に問題ないの?

60 :61:2008/11/25(火) 13:35:12 ID:qnIBm5tp
>>54
>もし将来自分の子供が左利きだったら同じく右に直させたいと思う。

子供の利き手を矯正する権利なんて親にはねえよ。
矯正が子供の発達に障害を与えること知らないの?
そんな虐待をするような人間が親になるべきじゃない

61 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/25(火) 15:08:18 ID:tRCImn5x
娘が小1のとき担任の先生に「矯正させますか」と尋ねられました。
その先生自身が左利きだったため(年配の方なので今よりもっと生活しに
くい環境のなかで)ご自身が矯正させられた経験からなのか、そういう事を
依頼する親がいるからなのか、いずれにせよ変な質問だと思いました。
楽しく絵を描いているとき、一生懸命ハサミを使ってなにかを創っているとき、
横からいちいち口をはさんで子供がせっかく持ち始めた興味・関心の芽を
摘み取ってしまったらそれは親として一番やってはいけないことだと
思います。確かに私を含め右利きに便利な社会?ではありますけど、小5の娘は「お茶が
つげない〜!もう一生ティーパックですごしてやる〜」とか騒ぎながら実は
そんな状況を楽しんで大笑いしていますよ。

62 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/25(火) 16:39:14 ID:Oehoc4Wz
右用の急須なら右で注げばいいのに
アホか

63 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/25(火) 17:14:26 ID:yHM4uc2A
急須は案外どうとでもなるんだけど(人から見るとねじくれてるけど)
蕎麦屋の湯桶が実はかなりの強敵なんだよなー

あれって右利きの人も使いにくそうに持つよね?

そもそも店の人が高いところから注ぐためのものなんじゃないかって気がする
席に座ってる人間が使うには柄の角度や注ぎ口の出方が不合理すぎるし

64 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/25(火) 17:47:36 ID:WRZZ9DU3
俺右利きだけど、ガキの頃の縦書きは左利きの奴がうらやましかった。
右利きだと自分で書いた字の上を手で押さえつけながら書くから、にじんだり汚れたりすんだよな。
2Bの鉛筆とかだと悲惨。

65 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/25(火) 18:03:35 ID:vU1Hl2Ml
>>64
いうよね〜

66 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/26(水) 15:56:40 ID:K3tMq2mc
>>58
私は大学入ってから矯正出来ましたが。
単に努力不足では?

67 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/26(水) 16:14:41 ID:YGwPtCG+
努力して矯正する価値はない。

68 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/26(水) 17:05:49 ID:N3vw5uOj
>>67

親も同じ事言ってた。
矯正なんてする意味ないって。だからうちは今でも左利きw

69 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/26(水) 22:47:11 ID:h3wPyrvn
矯正する意味はあるって。
文字は本来右手で書くようにできているんだから。
右手で書いた方が合理的。

自分は左利きだけど、小さい時に文字を右手で書けるよう躾てくれた親には感謝している。
ちなみに絵は左手で描く。
つまり文字は右手、絵は左手という具合に分業体制ができている。

70 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/26(水) 22:56:23 ID:KOG/XNbn
合理性を求めるなら他の動作も右でやってください

71 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/26(水) 22:57:39 ID:3gAU3EVn
今時矯正勧めてる奴ってどこの田舎者だよwww

72 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/26(水) 23:04:45 ID:h3wPyrvn
>>70
合理性のある場合はほとんど右手に矯正してるよ。

73 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/26(水) 23:11:33 ID:UK6qo2H1
どういうところが合理的なのか説明してくれんとピンと来ないな。
縦書き横書きの両方に妥当する理由で、どうかひとつ。

書き文字の速度は右利きに比べて遅いとは思わないし。
あと、おれの兄弟は右に矯正したら極端に右肩上がりの
癖字になってしまった。直す前の方が字はうまかったねって
よく言ってる。

74 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/26(水) 23:44:55 ID:acEjLwR8
>>69
「矯正」というものがどれほど子供の発達に障害を与える可能性があるか、
まったく知らないみたいだね。

君は運よく障害は起こらなかったみたいだけど、左利きの子供に文字を右手で書かせるなんて、
虐待であって「躾」なんかじゃない。親に利き手の矯正をする権利なんてそもそもない。
合理的とかそういうものは右利きの理屈にすぎないよ。

右利きに便利な道具が世の中多いからと言って、左利きの子供が危険を冒してまで
矯正する必要なんてまったくない。
それこそ左利きの人達が声を上げて、左利き向けの道具を作るよう言っていかにゃいかんだろ。

子供に愛情があるなら、絶対に矯正などしてはいけない。


75 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 02:03:06 ID:iCmVkIGp
合理性か
それなら蛇口は構造的に右の方が力が入りやすい作りだから右でやってくださいw

76 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 04:17:40 ID:CRyPN404
完全に開き直ってるなw
左利きの書く字は気持ち悪い。死ね

77 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 05:12:26 ID:yJyR7AL9
左利きの書く字は美しい。
大好きだ。
生きろ。

78 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 08:13:44 ID:J+pUImEF
子供の為を思ってすることが虐待とかアホですか
俺は右に直して欲しかったね

79 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 08:15:49 ID:J+pUImEF
左利きのままの方がよっぽど障害餅だわ

80 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 11:09:15 ID:LAAJt+Dw
俺は鉛筆回しは右手でも左手でも自由自在だよ。
ちなみに右手では1分で120回回したことがある。
ただし鉛筆じゃなくて書道の筆だけど・・・。
書道の先生が墨汁をまき散らすなって怒ってたけど。

81 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 12:45:35 ID:iCmVkIGp
合理性合理性っていう割には主観かなり入ってます

82 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 16:06:00 ID:s2m1t2o/
>>78
子供の為を思った上での行動であっても、
子供に障害を与える危険がある以上、虐待以外の何物でもない。




83 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 16:49:29 ID:CRyPN404
>>82
ということは、野球やサッカーやバスケといったスポーツも子供に障害を与える危険がある以上、虐待以外の何物でもない。 ってことですか
つまり左利きは引きこもっとけって事ですね わかります

84 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 17:15:12 ID:s2m1t2o/
>>83
どれだけ論理の飛躍があるか分かって言ってるのかな。

スポーツは事故さえなければ子供の成育上健全な効果があるが、
左利きの矯正は、その行為そのものが子供の障害発生に繋がっている。
まさか事故と矯正による障害を一緒にしている訳ではあるまい?

矯正による障害は決してやり方を間違えたから起こるんじゃない。
矯正そのものが子供にとって害悪であり虐待そのものなんだ。

85 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 17:30:29 ID:qsALOZ6R
スポーツでも左利きの選手が右利きにしたり、また逆のことがあるだろ。
巨人の松井は右投げ左打ちだろ?
左打ちにしたら、障害を与える危険性があるからダメなのか?
ということを>>84は行ってるんだろう。

86 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 17:37:28 ID:qsALOZ6R
訂正!
ということを>>83は言っているんだろう。
>>84の言うように利き腕を矯正することが必ずしも障害にはつながらない
ということを主張しているのだと思う。

87 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 18:03:41 ID:s2m1t2o/
>>85
野球のことはよくわからないが、利き腕の矯正も矯正に違いはないかと。

たしかに矯正を受けた子供が100%障害をもつという根拠はない。
ただ高い蓋然性はあるわけで、子供がかわいいなら親はすべきでない。
正直利き手の矯正の害を知らずに今まで来たのなら、大きな常識を欠いてると思うよ。

88 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 18:10:28 ID:qsALOZ6R
世の中に矯正された子供の数は数え切れない程いるよ。
戦前ならほとんどの子供が矯正されただろう。
それで生活に支障をきたす程の障害者ってそれほど多く出てきた?
戦前でもそういった障害のケースが目立っていたなら、
経験的に矯正すべきでないという意見も出ていたはずだ。
でもそういった話はきいたことがない。
障害の危険性を言う人はせめてそれがどれくらいの割合で生じる
のかを統計的に証明する必要があると思う。
日本中の矯正した左利きの人の統計をとってそれで障害率が高ければ
もちろん問題があるだろう。
しかし現実にはどうだろう?


89 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 18:15:28 ID:qsALOZ6R
ちなみに自分は左利きでこれまで左利きの人に何百人と会ってきたと思うけど、
文字を右手に矯正した人で障害持ちだった人ってほとんど会ったことないよ。
「高い蓋然性」とは具体的にどういうことなのか説明してほしい。


90 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 18:20:08 ID:s2m1t2o/
>>89
他スレにも貼ったけど、利き手の矯正により障害が生ずることは医学的に証明されている。

>>76
利き手の矯正は吃音の原因になるといわれており(馬場,1996, 八田,1996, 坂野,1997),加えてArlitte(1946)は,
強制的な利き手矯正は発語だけではなく読書能力にも悪影響を及ぼすとしている.
林,他 (1998)の研究でも,病的左利き児の左利き手状態を右利きに矯正した際,矯正中に鏡像書字が増悪し,
WPPSI (幼児用ウェクスラー式知能検査)においても視覚認知の弱さがみられたことから,利き手の矯正という
感覚運動刺激が視覚認知機能に影響を与える可能性を指摘し,利き手の矯正を否定している.この林,他 (1998)の研究は,
健康な左利き児の利き手矯正場面においても同様の可能性を含んでいるのではないかと推測される

出典:左利き手矯正の身体発達への影響について
ttp://www.geocities.jp/woof163/remedy.html


あとこんな論文がある。詳細は図書館で読んでね。

利き手の矯正により鏡像書字が悪化した痙性両麻痺の1例
ttp://ci.nii.ac.jp/naid/10005660102/

利き手の矯正と書字の誤り
ttp://ci.nii.ac.jp/naid/10005660114/

利き手の矯正がパーソナリティに及ぼす影響について
ttp://ci.nii.ac.jp/naid/110001916751/

それと、左利きによる「障害」ってどういうものかわかってる?
多くは普通の人で、外から見てもわからないものが多いんだよ。
それも知らずに「ほとんど会ったことがない」とは呆れる。


91 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 18:29:39 ID:B01GYAKv
矯正厨必死すぎwww

92 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 18:46:48 ID:s2m1t2o/
>>88
君の主張にはたしかに一理はあると思うよ。
矯正された左利きの人たちの影響統計って聞いたことないしね。
ただ、「矯正された左利き」という集団の定義も曖昧だし、
その集団を探し出すのも困難極まる。矯正された自覚のない人もいるしね。
だから医学的な方法で影響のある無いは追及していくべきなんじゃないかな。

戦前に左利き矯正の問題が叫ばれなかった点に関しては、色々な要因がある。

・脳神経学の水準が低く、利き手の矯正と障害との因果関係がわからなかった
・小銃は右利き用にできてるから、徴兵に備えて矯正しておく必要があった
・吃音や記憶障害の原因は別にあると考えられていた
・矯正による障害は客観的にわかりにくいから、あまり問題視されなかった
・左利きの人達が声をあげようにも、情報化社会以前のため声をあげる手段に乏しかった

とか色々考えられるよね。
それがようやく現代になって問題視されるようになってきたんだよ。
今の時代は、左利きが無理に矯正するんではなく、左利きにも不便でないように、
社会をつくりかえていく時代なんだよ。

93 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 18:56:21 ID:qsALOZ6R
>>90
君こそ「障害」の意味がわかってないよ。
例えばヒジキはカナダでは発癌性のある無機ヒ素の含有率が高いため
消費を控えるように勧告されている。イギリス、香港等でも同様の勧告
がされているそうだ。
つまり栄養学的にはヒジキは身体によくない食べ物なのだ。
一方日本ではヒジキは、通常の食べ方では健康リスクが高まることはなく、
むしろプラスの面が強調されることが多い。
さて、左利きの矯正についてはどうか。
医学的には矯正にはマイナス面があることが研究によってわかっている。
しかし現実にはその確率は非常に少なく「生活に障害が出る」程の人の
割合はきわめてわずかだ。
それならば、矯正すべきかどうかはそのプラス面とマイナス面を比較して
決めるべきことになる。
「外から見てわからない」ようなこと、更に本人も気付いていないような
ことを「障害」と見なすら、それこそ世の中の全ての行為がそうだろうよ。
ゴルフは医学的に腰に悪いことが証明されているからすべきでない、相撲
は膝に悪いからすべきでない、長時間の読書は目に悪いからすべきでない、
と同じことになるじゃないか!
「利き腕の矯正」がそれほど問題があるなら、経験的に戦前からそういった
行為は禁止されてきたはずだ。しかしそうはなっていない。それは矯正による
メリットの方が大きかったからじゃないか?

94 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 19:10:03 ID:s2m1t2o/
>>93
>現実にはその確率は非常に少なく「生活に障害が出る」程の人の
割合はきわめてわずかだ。

それこそ、こう断言できる統計的根拠はないだろう。
親から矯正の虐待を受けたことによって辛い思いをした子供は少なくない。
右左の区別がつかなくなったり、吃音になったりって、子供の側では
むしろそれが自然なものと自覚してしまって、障害と思わないこともある。
でも客観的にみれば非常に気の毒な事だ。

右で字を書いたり、箸をもったりするメリットはたしかにある。
自販機や改札機やハサミも右手のほうが便利に違いない。
戦前は特に徴兵のために矯正しておく必要があったかもしれない。
でも今の時代、危険をおかしてまで親が子にそれを強制する権利はないんだよ。
左利きは重要な人格の一部ですらある。デメリットの方が大きい。

ゴルフ・相撲・長時間読書に関しても、大人自分の意志でそれをするなら構わないが、
親が子に強制することは問題があるし、すべきでないと思うよ。

君がどうしてそこまで矯正に拘るのかわかりかねるけど、
逆に、左利きが生きやすいように社会を変えることに情熱を費やしたらどうだろう。

それでも左利きは、立派な人格の一部。
親の好みで奪っていいものではないし、

95 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 19:11:43 ID:s2m1t2o/
失礼、最後の2行は無視してください。

96 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 19:35:24 ID:qsALOZ6R
>> それこそ、こう断言できる統計的根拠はないだろう。

「障害」があるというならその統計的根拠を示すのは「障害」論者の方じゃないの?

あと現実的にこれまでの文化は右利き中心に創られてきていてその蓄積は
今更どうしようもないものがある。特に文字の文化はね。
これまでの文字の文化を否定するより、自分がほんの少し努力して合わせた方が
どれだけたやすくかつ人生を豊かに過ごせるか。
矯正することがそれほどの「危険」か?
飛行機が事故に会う確率より低いとは言わないが、大部分の人にとっては
無視できる程度の危険性じゃないの?
親が子供に心理的ストレスを感じさせないように、小さい頃に自然と右で
字を書くように習慣づければいいだけじゃないの?
自分は左利きに生まれてよかったと思っているけど、左利きが全てだとは
思っていない。
社会に合わせた方がいい部分は合わせるし合わせる必要のない部分は合わ
せない。
ただそれだけのこと。
自分が矯正にこだわるのは矯正を否定する人たちの言い分が逆に差別的に
聞こえるから。人間は平等だから少数派の意見も何が何でも尊重しなけれ
ばいけないと声高に叫ぶ人権団体の主張のように聞こえて気分が悪くなる
から。

97 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 19:38:49 ID:qsALOZ6R
親の好みで奪うんじゃないよ。
子供が将来不便を感じないようにこれだけは右手に直しておいた方
がよいことをできるだけ早期に子供に教育するということだよ。
左手で字を書くことを右手に矯正したからといってその人の「人格」が
奪われるとは思わない。
繰り返すけど自分は左利き。

98 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 19:54:33 ID:s2m1t2o/
>>96
統計的根拠に関しては、>>92でその困難さと不完全さを論じて、
医学的証明にたよるしかないと主張したのだが。
「多い」と断言する以上、その立証責任は君にある。

文字の文化を無理に左利きに生きやすいよう大転換する必要はない。
ただ左利きを蔑視するような文化が残っているようであれば、それは排撃するべきだけどね。
それに、ささいな社会的努力で左利きが救済される場所はいくらだってある。
鉛筆書きの論述試験を、ボールペン書きと規定するだけで随分左利きの不便がなくなるし、
テーブルマナーだって受け取る側の差別意識のありなしで印象はかなり変わるものだ。

>飛行機が事故に会う確率より低いとは言わないが、大部分の人にとっては
無視できる程度の危険性じゃないの?
親が子供に心理的ストレスを感じさせないように、小さい頃に自然と右で
字を書くように習慣づければいいだけじゃないの?

↑これは何の研究結果の裏付けもない、あなたの希望的観測にすぎない。
先の論文に反証する論文があるならまだしも、残念ながらそれは見当たらない。
矯正は「危険」。これは現時点での医学的評価なんだよ。
「小さい頃に自然と」というが、利き手は先天的なものなのだから、
そんな気楽なものではないし、「自然」な矯正なんてありえない。

>自分が矯正にこだわるのは矯正を否定する人たちの言い分が逆に差別的に
聞こえるから。

俺は矯正を否定しているが、どういう点が差別的なのか教えてほしい。







99 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 20:00:46 ID:s2m1t2o/
>>97
>子供が将来不便を感じないようにこれだけは右手に直しておいた方
がよいことをできるだけ早期に子供に教育する

それは子が自分で決めることであって親が決めることじゃない。
子供に障害が生じる危険がある行為を、親の思い込みで子に押し付けることは
親の教育権の範疇だろうか。
子供をオウムに「良かれ」とおもって入信させた信者の親たちと変わりないだろそんなもの。

>繰り返すけど自分は左利き。

だから何なんでしょうか。
左利きだから、あなたの主張の説得力が増すとでも?


100 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 20:02:28 ID:J+pUImEF
俺がいいたいのは矯正によるメリットだっていっぱいあるんだから
頭ごなしに矯正は悪だ!と決め付けないで子供と一緒に頑張ってみる選択肢も重要だということだよ
貴方の意見はもっともだが

101 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 20:11:27 ID:s2m1t2o/
>>100
>頭ごなしに矯正は悪だ!と決め付けないで子供と一緒に頑張ってみる選択肢も重要

もちろん、こういう意見もあると頭に置いた上で、矯正のメリットを研究していく必要はあると思うよ。
でも残念ながら現時点では、そういう立場から説得力ある科学的な主張はなされてないよね。
だから、子供の利き手を矯正するのは、矯正に害がないことが証明されてからでいいんじゃない?

矯正の害ばかりが立証されてる今の世の中で、子供にその危険を負わせるのはよしといたほうがいい。
それこそ大人の都合で子供に迷惑をかけるころになるだろ。
むしろ子供のために、左利きの鋏をもっと安くしたり、掌で擦れない鉛筆を開発するよう提案したり、
親としてできることは他にもたくさんあるでしょう。


102 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 20:17:51 ID:J+pUImEF
いやなんかすいませんでした。
では大人になってからの矯正の是非について語ろうぜ!
これは直した方がいいよね!

103 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 20:37:36 ID:s2m1t2o/
>>102
いえいえこちらこそ。

大人になってからの矯正も、ちょっと疑問には思いますねえ・・

104 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 21:05:49 ID:B01GYAKv
矯正バカはしばらく黙ってたら?
また論破されるだけだろ

105 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 21:06:12 ID:1pVcQ/ZY
だから大人になってからでは矯正できないんですって。
だから小さい頃に親が矯正してあげる必要があるんですよ。

科学的に証明されているのはそういう危険性もありますよというだけのこと。
で、現実には多くの人がほとんど問題なく矯正できている。
だから「矯正が絶対的に危険だ」という科学的結果がでない限り矯正していいんだよ。
矯正に致命的な害がないことは歴史が証明しているじゃないか!

106 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 21:17:36 ID:CRyPN404
ID:s2m1t2o/はもっと冷静になったほうがいい
第一、オウムの入信と矯正を同一扱いすること自体気が狂ってる。
矯正…メリットもデメリットもある
オウム…デメリットだけ(世間一般では)

107 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 21:48:57 ID:s2m1t2o/
>>105
>現実には多くの人がほとんど問題なく矯正できている。

その根拠は疑わしい。それを言うのなら、左利きのまま生活することに関しても、
ほとんどの人は問題なく生きている。
危険性が科学的に証明されている行為をあえて親がする必要はない。
矯正をするなら、矯正が安全であるという科学的根拠を得てからにするべき。

>>106
>オウムの入信と矯正を同一扱いすること自体気が狂ってる。

行為者の主観によっていくらでもその価値は変わります。
オウム信者自身はこれ以上ない思いやりだと思って、子を入信させたんだろうしね。
もちろん魂の救済とかなんとか大きなメリットのために。
矯正をしてきた親たちは、矯正のメリットばかりに目を向けて、
デメリットに関しては知識が残念ながらなかったんだと思うよ。
もちろん障害に関する科学的根拠も知っていたとはどうも思えない。
そういう盲目的な点でオウムと大いに共通点がある。


108 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 22:01:12 ID:B01GYAKv
矯正厨見苦しいぞwwww
論理矛盾しまくり

109 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 22:30:53 ID:CRyPN404
「科学的証明」「科学的根拠」とか大好きだなwww
それなら、飛行機や電車や車も100パーセント安全であるという「科学的証明」が出るまで乗れないな。

あ、それ以前に歩いてる時でも100パーセント安全だとは言えないから、家からも出られなくなるねw



110 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 22:38:06 ID:s2m1t2o/
76 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 04:17:40 ID:CRyPN404
完全に開き直ってるなw
左利きの書く字は気持ち悪い。死ね

>>109
こういうこと言ってる人に、何を話しても無駄だと思うけどさ…
俺は一度も「100パーセント安全でないと」云々とは言ってないわけだが。
そもそも医学や生物学分野で100%の証明なんて不可能だろう。
矯正と障害との間に、ある程度の因果関係があると科学的に立証された以上、
矯正はすべきでないと主張してるんだが。

111 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 22:38:33 ID:iCmVkIGp
字を右にするってのはわからないでもないけど他の動作も右にするって言ってた奴なんなの?

個人的にどっちが嫌かって言ったら
吃音>左書き
だわ。


112 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/27(木) 22:52:37 ID:Gw+ML6A5
つか、そもそも書字矯正のメリットって何なの?



113 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/28(金) 02:05:13 ID:Z53QPX8D
それは合理的に見ると押して書くより引いて書く方がスムーズだからでしょ

114 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/28(金) 02:24:51 ID:yKxYXciD
つまり、運筆がスムーズなことがメリット?

115 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/28(金) 07:51:25 ID:RdYAXaIW
大人になってからじゃ矯正できないの?
今日から本気で右しか使わないようにしてみる

116 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/28(金) 10:15:11 ID:PYoA5tR8
>>115
行けるよ
2ヶ月ぐらいで不自由なく書けるようになれる 少なくとも俺の場合

117 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/28(金) 12:01:37 ID:ohP/bQlf
>>115
自分の分まで頑張ってくれ。

怪我した時に右手で文字書いてたけど、無性にイライラして30分ももたなかったよ…
普段はまったりした性格だから、友達にすごく心配された
多分自分は右手で書けるようになる前に禿げる。

118 :鏡の向こうの名無しさん:2008/11/29(土) 11:03:37 ID:Ro//+HVe
つまり矯正はどんな人にも必要ないでFA

119 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/03(水) 14:38:13 ID:KP65FZZL
矯正は失敗しやすい。
技術的に確立していない。
なんだかんだで、左利きは社会の隅っこに追いやられている。
戦前も戦後も今現在も技術的に確立してなく高確率で失敗する。
イギリスの王室でさえ矯正に失敗してゴタゴタしたなんて話もある。
「矯正しろ強制しろ」と言う前に高確率で成功する技術を完成するのが先。
右利き社会は狼人間とかくだらない作り話で技術的な問題の未解決を誤魔化す。

問題は技術的に確立されてないという事。


120 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/04(木) 00:40:23 ID:uPy4KL2p
発想が貧困だな。
日本語を左で書きやすい字にすればいいんだよ。
俺が王朝開いたらそうする。

121 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/04(木) 08:23:29 ID:29m5ZYhv
現実的にそんなことできる訳ないじゃん
だから左利きは苦労して右利きに合わせるか
矯正して快適にくらすのどちらかしかないんだよ

122 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/04(木) 08:41:59 ID:lFEHfOHD
別に矯正なしでも文字は苦労しないだろう。
横書きだと手が汚れるぐらいだ。

123 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/04(木) 14:00:32 ID:j1Qz8lzf
筆で文字書くと見栄えが右利きより劣るってくらいだな
あとボールペンの字がかすれたり

124 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/04(木) 19:17:03 ID:5aAO4bfw
書くスピードも遅くなるし、狭いところで書く時は隣の人に嫌がられる
し、持ち方が変だし・・・

125 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/04(木) 21:35:46 ID:CwUA9ESH
>>121
そんなことはない。
既存の文字を鏡文字にして、且つ横流れで読むなら
イスラム圏のように右から読むようにすればよいのだ。

126 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/04(木) 23:48:03 ID:+FTuw7dV
他の奴にわからないじゃん。

てか大量の文章書くときはパソコン使うから手書きスピード関係なし。そもそも個人差あるし左でも速い


127 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/05(金) 07:56:30 ID:H7SLZA9b
左で文字を書いても不便じゃないという人は、例えば複雑な計算を
何度もするのを電卓でしかしたことのない人に似てる。
そういう人は電卓しか使ったことがないから、それを普通だと思って
いる。しかしパソコンでそういった計算をできる人には、それが如何
に不便で非効率的かがわかる。
昔は会社にもそういう人が沢山いたんだよね。パソコンが使えなくて
電卓のことしかわからない人。
そういう人に限ってパソコン覚えると便利ですよといくら説明したっ
ていや電卓の方が便利だと言い張るんだな。まあそういう人は会社に
長くいる老人なので、こちらもはいはいと言ってすぐ黙ってしまった
けど。

128 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/05(金) 13:36:39 ID:PZvXRIbl
暗算の方が速い

129 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/05(金) 18:02:04 ID:EaYu6gCi
いや、左利きにとって右手で字書きはしんどかった。
小学生の頃に漢字の書き取りに根をあげ、「品」という字を→○
○○
って書いて先生に怒られた。
今は文字は左利き。楽チン。

130 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/05(金) 18:05:41 ID:EaYu6gCi
左利きの右手筆記は

・頭ガンガン痛くなる(15分経過したのち)
・字が次第に乱れる
・手首が怠くなる。
・息を止めて書いてたことも
・鉛筆の芯やシャーペンの芯をバキボキ折りまくった
・最終的に鉛筆を投げたくなる

131 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/05(金) 18:15:22 ID:EaYu6gCi
連投ごめんね。

文字を右手に矯正された方。
ノート、1ページに文字を乱さず綺麗に書き続けること出来ますか?
後に乱れるか、怠くなるでしょう。
そこが純粋な右利きと違うんですよ。

132 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/05(金) 18:27:23 ID:r4/hk+aj
自分は左利きですが、全く問題ありません。
右の方が断然書きやすくて矯正して本当によかったと思っています。
両親にかいくら感謝しても感謝しきれません。

133 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/06(土) 03:36:55 ID:xLcLRqPv
>>131途中から文字をでかくして適当に埋めようとする

>>132右利き

134 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/06(土) 05:19:46 ID:Uh04lRte
矯正しないほうが頭のいい子に育つって
なんかの研究結果にあったぞ
右使うと左脳を良く使う事になるらしいんだが
イメージ力とかに乏しく
左利きだと右脳を主に使っていろいろ左脳より
優れてるらしい
計算能力とか記憶力とか

135 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/06(土) 06:25:00 ID:SjHGoapj
>>127
確かに構造上不便で不利を受けてるのは間違いないが、
少なくとも俺は左手でその辺の右利きより余程綺麗な上にやたら速く書くことが出来るので
その例えは全くおかしいとしか思えない。

136 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/06(土) 06:28:12 ID:pzCVRitv
>>131 やっぱ左利きだもんね。 >>132 右利きと変わらないかも?

137 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/06(土) 15:23:09 ID:I0/p9UWt
>>132
同意。右のが書き易い。
左でも偶に字がマトモな人も居るが、大抵残念な筆致になっているし、
書き方も手首をやたらと曲げてたり左手が宙に浮いてたりしてて
見ていて違和感があった。


138 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/06(土) 15:52:58 ID:U/aArj2n
受験生で一日中書いてるんだけど
持ち方悪いみたいで指先がグチャグチャになっている
矯正しようとしてるけど気がつくと癖が戻ってしまう
一字一字が痛くて地獄、でも仕方ない
ペン先だけ右側に傾けて固定してくれる器具とか誰か発案してくれないかな
コンパスの先みたいなイメージ

139 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/06(土) 17:40:40 ID:mkhYGFQb
>>132ですが、私は左利きですよ。
文字を書くのと箸を持つのだけ右に矯正してます。
絵を描いたり、ボールを投げるのは左です。


140 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/07(日) 03:36:08 ID:N+rdUZF1
右で書きやすいというだけで、綺麗に書けるわけではない
黒板とか大きく左から右に書くときは右手で書くけど、
俺だけかもしれないけど、
見えにくいからノートを左側、教科書を右側の置くから
右では書けない

141 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/07(日) 10:36:38 ID:ehi3OBMa
>>138
受験生って・・・
もうそんなに年を食ってるなら矯正なんて無理だよ。
矯正するなら小学校へ入る前後までかな。
初めて文字の書き方を学ぶ時に文字は最初から右手で書かせる。
箸もそう。
その時を逃せば矯正はほぼ無理でしょう。
小さい頃親が矯正してくれなかったことを恨みなさい。

142 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/07(日) 21:43:57 ID:U2X1F+Xk
>>141
無理か…
もう少しだし我慢するしかないのか


他キーボードは利き手関係ないから楽だ

143 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/09(火) 18:56:45 ID:LyI+uVx3
>>142
それこそ無理してやれば頭痛とかすると思うよ。
このスレで矯正しようとして頭痛とか吃音になったという人の大部分は
おそらくそれなりに年をとってから矯正しようとしたからじゃないかな?

144 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/09(火) 22:02:27 ID:GwoUgEGe
頭痛つーか脳とか神経が痒くなる感じがするw

145 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/11(木) 14:49:59 ID:7IoRf40e
間違ってるわけでもないのに「直す」なんて言うな、氏ね。

146 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/11(木) 17:02:15 ID:kpRbWG1G
>>145
左利きにそんなにコンプレックス持ってるのか。
哀れな奴・・・

147 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/11(木) 20:45:34 ID:trerAGqW
>>145
確かに「直す」には違和感があるな
自分は左利きだから左で使ってるのに

148 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/11(木) 23:14:48 ID:mWIMxaRx
多数派が正義と思ってるクソバカがいるからむかつくよな。
もう民主主義なんてやめて左利きによる王朝を作った方がいい。
そして右利きの馬鹿共はみんな左利きに矯正だ。

149 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/12(金) 00:39:43 ID:o5CY5wEH
俺今右→左に矯正中。30過ぎでw
ペンや箸は何とか使えるようになったよ
気付くと自然に左で書いたり食ったりしてる。
でもやっぱこの歳での矯正は難しいな。>>130の気持ちがよくわかる。
もっと自在に使えるようになって両利きになるのが目標。

矯正し始めて1年位かな。
矯正前のスペックを左1右10だとすると今左4右10くらいかなぁ。
左10右10が理想だけど無理そうなのでせめて左8右10くらいにはなりたい。


150 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/12(金) 19:38:58 ID:v254FXLf
俺は>>130のやつは次第に字が乱れるしか当てはまらないな
むしろ右使ってると心地よい

151 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/14(日) 14:49:27 ID:cP6ineXi
点字打つときは左手の方がやりやすい

152 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/14(日) 15:59:56 ID:1PbRhKyY
左利きになりたくて生まれたわけじゃないのに
こんなに全否定されると...

153 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/14(日) 18:55:39 ID:hXg2K39z
誰も全否定なんかしてないじゃん。
世の中には右手の方が便利なこともあり、特に文字書きは右手で
書くよう出来ているから、右に矯正しようって言っているだけ。


154 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/14(日) 19:50:26 ID:A9Tj7F7E
右で書くストレス>>>右での文字の書きやすさ
だから皆左で書いてるわけだろ。
右利き視点で勝手なこと言ってんじゃねえ。

155 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/14(日) 20:53:03 ID:FRCb2aUb
左もろくに使えない奴が偉そうに矯正だ何だって騒ぐんじゃねぇよw

156 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/15(月) 05:27:56 ID:87MD9wnW
大人になったら文字なんてあんまり書かないから大丈夫だよ。

157 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/15(月) 08:14:37 ID:RROON0W9
ストレスなんて慣れたら無くなるだろう
てか今でもないし

158 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/15(月) 09:19:23 ID:/+zX4VZZ
>>154
左で書くストレス<右での文字の書きやすさ
だから皆右手で書いてるわけだろ。
右手でまともに書けないからって勝手なこと言ってんじゃねえ。

159 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/15(月) 11:50:37 ID:87MD9wnW
>>158
うまいこと言ったつもりなんだろうけど無理ありすぎ。
その不等号は成立しませんので。

160 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/16(火) 08:16:43 ID:HPT12E8Z
いや成立するよ
すげえ書きやすいぞ

161 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/16(火) 14:14:20 ID:3JSzKk/T
まあ人それぞれだろうね
俺は強制されたから右でも書けるし、字の造り的に書きやすいとも思うけど
使ってるうちに吐き気がするほどストレスが掛かるから左を使ってる
同じ左利きでも度合いが違うんじゃないか?

162 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/16(火) 15:17:51 ID:DZkoTKVX
左利きが右で文字を書くというのは自分を偽るということ。

163 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/16(火) 16:39:21 ID:fWxkZRki
こんな板あったんだ
自分は35だけど田舎だったし、小学校入ってすぐ担任によって矯正させられた
未だに筆圧はかなり弱いと思う
矯正して良かったと思うことも特にない
同年代で左のままの人を見ると正直、羨ましいに近い切なさがこみ上げる
書くのも消しゴム持つのも右の人ってどんだけ右利きなんだよwと思う

164 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/16(火) 17:45:28 ID:VAaHnpzu
自分は字だけは右にしたが小学校で他の左利きが矯正されているのは
見たことなかった。ただ、中学時代左利きの友人で頭が良く運動神経もいい
ほぼオール5のヤツがいたが、習字の時間だけ国語の先生にオマエ左で
書いてたら0点だぞといわれてもキッと睨みかえし左で上手い習字を
書き続けた。結局国語だけは3で内申点の面で高校は私立にいった。

165 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/16(火) 18:47:04 ID:Cx35a6S2
うちの友人で左利きで筆記も左で書いてる人の字見たけど、
めちゃめちゃうまくて驚いたw
きれいな右利きの字よりうまいw

166 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/16(火) 20:16:59 ID:MZ/O7YB2
>>164
矯正は失敗する。
だから矯正は否定する。
矯正を望むなら自分で成功にいたる方法を
ココに書けばいい。
国語の教師も所詮は雇われた右利き。
矯正の成功方法など知らない。

167 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/16(火) 21:42:07 ID:q8JdXudK
>>163
何か不自由そうに見えてたのはそのせいか
消しゴムも右の人
意地でも左は使いたくないのかな

168 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/17(水) 04:25:39 ID:KR3wiS5V
矯正しても、字の汚いのは、変わらない。
字の上手さは、記憶力と関係するらしい


169 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/17(水) 07:01:17 ID:ZHlXWKlR
字の汚さ云々じゃないよ。やりやすいかどうか

170 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/18(木) 23:01:55 ID:Q1CS6SqP
鏡面文字

171 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/20(土) 01:15:58 ID:kHKr5wmS
会社で年賀状を書いたが汚い字で先方に申し訳ない気がした
縦書きだからいいんだけど右手でペン字を習ってみたい
え?汚い字は生まれつきだって?…そうかもな

172 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/21(日) 21:38:41 ID:nPN3Pd8s
もうそんな年じゃあ矯正なんて無理だよ。
せめて小学校低学年の頃までに右手で書けるようにしておきたかった。
両親を恨みなさい。

173 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/21(日) 21:56:18 ID:f8gbV9AR
右手で書けるようにするより左利きで綺麗にに書けるようにしてほしい
矯正とか見た目だけだから

174 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/21(日) 22:14:11 ID:vBnsYBEc
右に直された俺が書き取り罰を受けたときは投げたくなる辛さだった
今は左に戻して快適になってる。汚いけど
俺の友達は左なのにすごい達筆だ。羨ましい

175 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/22(月) 16:59:33 ID:uyj3/5sp
左で達筆なんてありえない。
そもそも文字は筆で書くようにできていて、ハネとかトメは右手で
するようにできている。
左手だとどんなにうまく形を真似ることができても線の角度や勢いが
必然的に達筆にはならないのだよ。
そんなこともわからないとは・・・

176 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/22(月) 17:54:20 ID:CU6I6Cdl
かける奴はかけるだろ
難しいだけで

177 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/22(月) 20:15:40 ID:jWprrldw
右しか使えないカタワが必死だなw

178 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/22(月) 22:19:44 ID:x5eoD3YW
習字は右で書いた方がキレイかな
小学生のときは努力したよ
もう毛筆なんて一生使わんけどな


179 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/23(火) 12:34:07 ID:FtNB2VjR
>>176>>177
ならその例見せてくれ!
ネット上で左手で書いた達筆の例を見つけてサイト教えてくれw

180 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/23(火) 13:20:23 ID:8egE/2QG
>>179
ネット?
一応身近に上手い人はいたけど写真なんて撮ってなかったからな
そこまで信じられないか?



181 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/23(火) 15:17:38 ID:tFl6k6MH
習字とか毛筆でも左でかいてたが
よく賞入ってたよ
先生が一番びっくりしてた

182 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/23(火) 15:42:59 ID:hbdIhG/N
左利きの書道家いるよ

183 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/23(火) 17:56:14 ID:R0CT5X22
だから実例だせよw

184 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/24(水) 08:20:30 ID:xHb/jOdy
http://nagatagakuin.blog23.fc2.com/
貼れた?

185 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/24(水) 12:29:43 ID:IJ+poDDT
>>184
同じ左利きとして尊敬するわ
矯正された身だけど右使っても全然綺麗に書けないよ

>>183
実例見れて良かったね

186 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/25(木) 16:21:18 ID:G/Qj1F1X
俺も習字左だったけど校長室に張られるくらいには書けたよ
右でもそこらの右利きよりはよっぽど書けるみたいだけど、やっぱり利き手が一番だね

どうしても矯正させるなら右「で」書けるじゃなくて右「も」書けるを目指すべき
「左を使わせない」ではなくて「右も使わせる」方針で

187 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/25(木) 22:47:10 ID:dK0HL7Pb
俺左利きだけど習字で賞取ったこと何回もあるぞ
もちろん右で書いたんだけど
左で書いた硬筆も綺麗って言われたことあるし、別に利き手は字のうまい下手には関係ないんじゃね?

188 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/26(金) 08:30:30 ID:zu92ib60
字の上手い下手なんてどうでもいいんだよ
快適さだよ

189 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/29(月) 15:07:59 ID:YKIR4Iow
習字は書道教室を開く人間以外に必要ない。
冠婚葬祭で多少必要だが、日常では不要なもの。
左で十分。ただ右でも書ける程度はあってもジャマにならない。
ただ、左利きの子供を絶対に書道教室に通わせるな。
これは危険だ。
これは強制的に右を使わなければならない状態で絶対やってはいけないこと。
左利きの子供の書道教室は究極のストレス状態で人格崩壊になる。
絶対に危険だ。

190 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/30(火) 09:05:19 ID:eB6pYXi8
矯正矯正いうけど日本に真に科学的に効果が高く副作用のない
矯正方法を研究して実践しているなんて所はないだろ?
身障者や健常者のリハビリなんかにはそれなりの方法論がある。
左利きの矯正の科学的な裏付けのある方法論なんて日本にあんのか?
その道の権威とされる機関でもあるのか?
そんなベージックな研究すらせずにシロウト療法で人の人生左右
する問題を強制的にするのは今時なに考えているんだと思わないわけ?

これを躾という人はこの時期の朝に暖房いれずに外で
ふんどし一丁で水浴びて毎朝乾布摩擦でもしてからにしてくれよ。
他人に相当は負担を強いるないらそれくらいへでもないだろ?
こっちは科学的分野が出来たら実験台になる位は構わないからさ。

191 :鏡の向こうの名無しさん:2008/12/30(火) 19:17:43 ID:/0pgVB8w
いまさらだけど
>>1は死ねばいいと思うよ。
左利きなめんなよ

192 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/03(土) 10:38:27 ID:YFysFJyq
左でボールを投げるだけでなく
左で書けてこそ、リアル左利き

193 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/08(木) 06:38:49 ID:TM/XVePI
>>141=>>172

194 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/13(火) 20:30:21 ID:5PmzNZ9V
このスレ初めて来たんだが色んな人間がいるんだな〜
俺の場合矯正された側だが、箸と文字書きを矯正されたけど良かったと思うし
親に感謝してるなぁ〜

躾や教育もその家庭でケースバイケースで様々だろうけど
俺ん所の場合、他人から見て行儀悪く見えるとか
他人とテーブルでご飯食うと肘同士が当るから良くないと言われたけど
俺は今はそれが良くわかるがな。

別に左だからって何の自慢にもならないし、
打ちっ放しとかバッティングセンターとか場所によって困る時もあるし
最近じゃ、お前作られた左利きじゃないか?って奴もいるし
左だの右だのどうでも良いって言うか。

そういえば昔、学校の野球のクラブ活動とかは
ボロボロのグラブしかなくて、困った事があったな。
ヘルメット被れば、ピッチャーに耳さらけ出してたし。
今は違うんだろうな。」

195 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/18(日) 03:33:18 ID:fdQWkgU5
>>194
矯正を躾の一つみたい思うなよ


196 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/19(月) 00:48:34 ID:V6PsviqK
>>195
君がそう思えばそれで良い話。
俺がどう思おうが俺がそれで良いだけの話。

ついでに俺の個人的意見で言わせて頂ければ、
筆記や箸使いの矯正は躾のひとつ。
そう思っているがな。

197 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/21(水) 16:41:17 ID:2yeUjJri
左手で箸を持つたびに「そっちじゃない!」って祖母に手を叩かれて
右手で食べようとすると何度やってもボロボロこぼれて「行儀が悪い!」とか怒鳴られる。
「ばーちゃんが怒るからごはんいらない」って言ったらまた怒られたり。

俺は諦めてくれたことに感謝してるよ。色んな意見があるだろうけど。

198 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/23(金) 01:03:46 ID:d35wIY0z
縦書きのときは、右手で書くと、書いた字を手で擦っちゃうから、
手が汚れるし字が霞むよ。
左で書くと、それがない。

ちなみに私は、幼少時に矯正のストレスのせいで利き手が無くなりました。
今はペンも箸も、どっちの手で持っても違和感があります。

そして、利き手という概念が無い幼少時を過ごしたせいで、
23歳になった今でも右左の判別ができません。
これで今までで一番困ったのが車の免許とるときの教習。
教官が「そこ右行って」と言っても「右ってどっち?!」って状態。
手の甲にマジックで右、左って書いてもらって乗り切りました。
超ハズカシかった・・・。

199 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/24(土) 14:27:28 ID:cVFPV7EK
自分は物心ついた時から書道教室連れてかれて左から右に矯正されたが…あれはひどかった。今では両利きになったから良いもののほぼ毎日泣きながら字を書いてたからな。

小さい頃は分からなかったから何とも思わなかったが、今ギッチョとか言われると不愉快極まりない。

いいじゃん、左利きでも。


200 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/24(土) 15:09:41 ID:TA6bH0hf
矯正・直すっていう考え方が一番嫌だ。
たまたま使いやすかった手が左だっただけだし。
何が悪いの?
多い方が優位に立つとかやめようよ。


201 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/24(土) 18:06:03 ID:TB7SUmtE
>何が悪いの?
一言でいえば親の教育。
たまたま使いやすかった手が左足なら、
パンツ丸見せで左足で書くのかね?貴方は?

多数優位が嫌なら少数優位も嫌と言ったほうがいい。
先入観からくる左利きは器用とか頭が良さそうとか。
左利きだろうが頭が良い奴は頭が良くて悪い奴は悪い。
左利きだろうが君のように左しか使えない不器用者もいれば、
両方そつなく使える器用者もいる。
それだけの事。

202 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/24(土) 19:09:27 ID:MG78s5w8
>>1
ジジイ氏ね

203 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/24(土) 21:00:52 ID:n57Q8S2h
直したよ
習字は左で習ったが、書き方みたいなのは右でやった
手紙や日本語で手書きの書類は確実に右でやる
失礼がないように気を使う意味ではあるものの、それは俺の勝手な主義だ
>>1みたいな事を言う奴はどうなの?
自分は礼儀を逸して無いとでも思ってるのかな?

204 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/25(日) 23:45:40 ID:7mF6Mx/B
>>201
たまたま使いやすかった『手』が左『足』???
何意味不明なこと言ってんの。

親の教育とか言っちゃってる時点で、
一昔どころか二昔いや、三昔前の超古代文明の思想しか持ちあわせていない化石人間ってことです。

205 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/27(火) 20:55:48 ID:R00ohGii
右しか使えない奴に不器用呼ばわりされてもなw

日常である程度は右利き社会に妥協しなきゃいけない左利きに比べて
右利きのほとんどはそんな苦労も無い分右しか使えない奴ばっかりなんだから
たとえ左しか使えないとしてもそんな奴らに不器用呼ばわりされる筋合いは無い

まあ俺は左右どちらも習字は賞貰ったことあるけどな

206 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/28(水) 00:07:03 ID:aqUuzJBx
ヘー(´・ω・`)



         /ニYニヽ
        / (0)(0)ヽ   
       / ⌒`´⌒ \
      | ,-)    (-、.|      
      | l  ヽ__ ノ l |
       \  ` ⌒´   /
    .   /            \     +
     .|. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  トン
    _(,,)           (,,)__
 .. /. |  でっていう     |  \
 /    |            |   \

207 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/28(水) 00:24:01 ID:1CecvPq+
躾反対ヒステリーうぜえw

208 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/28(水) 14:22:26 ID:unaIy21P
a

209 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/29(木) 01:13:34 ID:qRdVQIlc
>>204
どうやら脳も不器用なようだな。
君の頭の中では、「自分>>>超古代人≧俺」なんだろうが、一言でいえばそれは君の驕り。
文明を築いてきた事実から見ても分かる通り古代人の方が君よりよっぽど賢いのだが。
文字を生み出したのも、その古代人ではないのかね?(笑)

日本語が世界に誇れる文化であり文字であるという認識が足りなさ過ぎるのだが。
そういう自覚で文字と向き合った事ないだろうから、教育不足というんです。
君には分からんだろうが、平安時代の女性が聞いて呆れると思うのですがね。

>>205
一般的に左利きは勘が鋭いとか言う人もいるが、どうやら君、勘が鈍いようだな。
右利き→苦労知らず=不器用
左利き→苦労者=器用
君はそういう事をほざいているが、一般社会でそんなこと言ったら笑われるぞ。
尤も君が本当に器用な人間ならば、利き手で苦労する事の意味も分からないだろうが。
もっと頭を柔らかくした方が良いのでは無いのかね?

210 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/29(木) 01:47:00 ID:oQSOPrTT
横レスだがさすがに苦労に比例して器用になるなんて話は馬鹿げてる
こういう事だろう

例えば、ドアを開ける動作にしても
右利きの子供が、右手でドアを開ける動作に馴れ、
ドアを開ける動作を習得する。
まあここにも色々な学習はあるだろうね。左利きの子供はそこに加え
・利き腕と逆の手でドアを開けるか、
・体捌きを加えた上で左手を用いドアを開け、重心を再び中心に戻す。
・このどちらかを状況にあわせ選択して行動にうつす。
この3つを訓練される。本当に小さいガキにとってはドアは多少重いものだからな。
ただこれは苦労だとも思わない日常だけどな。
どっちも平均的でノーマルなガキだとしたら、多くを学ぶのは左利きの方。
ただそれを活かすか殺すかはそこから先の経験の問題だし
一生使わないスキルになってしまうかもしれないけどね。
そもそも器用と指される場合
多くは使いもしないスキルの準備を蓄えていたのを発揮した時に言われる事
つまりケースにもよるが不器用な人間の方が、適切に必要なスキルの習得にリソースを
傾けてたって事にもなる
つまり左利きも右利きも擁護してないが、現象としてはこういう事だ

211 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/29(木) 03:55:18 ID:oQSOPrTT
ただまあこれが前提になってないレスとか
左利き板に来ても喧嘩しかできないだろうなと
何癖であって、議論ですらないと思うよ

212 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/29(木) 13:14:14 ID:++LIqw32
古代とか平安時代とかなんとか言ってますけどまぁそんなこと考える必要なくない?

てか右利きって左利きの人に『器用なんだね』って言ってきやがりますよ、右一般社会では。真偽は別にして

213 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/29(木) 14:08:38 ID:U1wi1Bid
躾とか言ってるやつはオバマに行儀が悪いって言えよ。

214 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/29(木) 16:47:51 ID:JmO1hSQ5
>>209
は?また何意味不明なこと言ってるの?
世の中の常識ってのは科学の進歩とともに変わっていくものなんだよ。
現代では、利き手の矯正はやらないのが常識。
現代の常識が通じない=超古代文明の思想しか持ってない。
って意味じゃないの?

215 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/29(木) 18:25:04 ID:24MZJQp4
わざわざこんな過疎板に来てまでご苦労なこった
そんなに左利きが気になって仕方ないのかな///

216 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/29(木) 20:50:38 ID:qRdVQIlc
>>211
読み手が難癖と受け取れば難癖、議論と取れば議論、便所の..(ry

>どっちも平均的でノーマルなガキだとしたら、多くを学ぶのは左利きの方。
例としてドアの開け方を書いてるが、今回これは適切な比例とは思えんよ。
ヒント→外側・内側・開・閉
ドアに関しては左右問わず必ずしも利き手ばかりを使うものとは限らない。

>>211
個人的な考えで言えば、左利きとか往々にして右と左を
その状況に応じて臨機応変に使い分けるケースがある訳で。
これが染み付いた当たり前の行動と動いてるつもりが、
右利きから見ると右使ったり左使ったり何だか器用に見える。
ただ単純にこれが、左=器用そうの理由かと考える。

>>214
では君の理屈では、矯正=超古代文明の思想と?
理解不能なので聞くが、君の思う超古代文明っていつの時代?
実は前世代の方が思想が高い人が多いし、結構な割合で達筆な人も多いぞ。

君の言う現代人思想っていうのは、大抵は借り物の知識と技術の恩恵で生活してるだけ。
PCと携帯を取り上げたら文字もろくにかけない。
計算機を奪えば計算にも苦労する、文字を書かせれば下手。
電気を奪えば生活できない。
これでは本来の器用とはまるで正反対ともとれるのだが。

217 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/29(木) 20:51:20 ID:qRdVQIlc
でこれは俺が聞きたい事なんだが、俺一人の書く=右意見でこれだけ釣れたんだが、
そこまで言いたい事、思う事あるなら正直、何故右も選ばなかったのかと思う。
最初に苦労してしまえば後が楽になる。
最初から出来ないというのは努力放棄と考える人なんだわ、少なくとも俺は。

俺の考えが古いというならそれも結構だが意外と同意見の人いるぞ。
利き手の事で嫌な思いをすることも無ければ、
理不尽な扱いをされることも無い。
仮にこの矯正がストレスと考えるならば、矯正しない生活もある意味ストレスな訳で。
では世の中にストレスが無い社会があるかといえばあるわけない。(当たり前の事だが

俺の場合左の矯正なんだが矯正されて正解だったと思ったし、
スポーツを外した大概の作業はほぼ左右問題なく使える。(若干が使い易い手を選ぶ場合もあるが

本題の右書きについては、文字の流れ、つくりの大小関係、文字のバランス、筆圧、姿勢
それを考えただけでも右は本当に効率的で一概に「矯正→×」とは思えない。
他の習字例で言えば、「一」のような横線字の場合、腕を内(左)から外(右)に振ると
自然に右上がりの文字になるが、左はなかなかそうはいかない。
硬筆を例に取ると手首を右に振ると同じように書ける。

個人的に文字は褒められるし、又、自己鍛錬のために好んで練習したし本も何冊も持ってる。
その本にも幾つかに載ってたし、小学生時代の教科書にも載ってたが、
姿勢についての写真や内容がある。
これから見て自分が判断したことは、文字を書くということには姿勢を含めた品格も大事かと。
「道・どう」という一面もあるだろうと。

良かったら何か意見とか考え方を聞きたいがな。

218 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/29(木) 21:58:28 ID:OYttQVpQ
実際に、生きていて思うことなんだが
「左利き」ということだけで、その人の努力・人格を判断されることはありえない。
努力っていうのは、別に全方位に向けてすべきものというわけでもないし(というか、そんなことは不可能)
なんに対して、真摯に向き合い努力していくかということを、自分なりにみんな選んでいるのでは?
例えば「左右」に限定した話ならば
伝統芸能の方面に進むとしたら、矯正する意味は多いにある。
しかし、イラストレーターや漫画家
そのほか、手先の器用さを必要とされる職を目指したとしたら?
利き手じゃない方の手に機能を移動させて、何の意味があるということになるわな。
道を追求するのもよし、美しい文字を目指すのもよし、それを否定する気はない。
しかし、全ての人がそこに価値を見出して、一つ方向に努力しなくてもいいだろう。
それを外野が他の要素をまったく無視して、「努力してない」などと評価するのは愚の骨頂。







219 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/29(木) 22:06:32 ID:fPUue0+t
>>217
僕は努力して矯正したんだぞ!
文字だって綺麗に書けるんだぞ!
まで、読んだ。

…矯正経験者がみんなそんな、くだらない自尊心持ってると思われたら嫌なんでやめて下さい。
同じ矯正経験者として恥ずかしい。

220 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/29(木) 23:20:58 ID:Qwc5i7sv
>>217
別に言いたいこととかはなかったけどさ、お前がそんな持論を展開するからだろ?
結局お前が何を言いたいのかが分からない
長文を書いておいて「釣れた釣れた^^」って言ってもこっちには逆に見えるんだけどね
お前は他の人を説得したいわけじゃないんだろ?
自分の中でそう思っておきなよ

221 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/30(金) 00:53:29 ID:dNgYImbN
過疎板にやって来て訳の分からぬ長文書いてなにがしたいのかよく分からんけど、
どうやら左利きがいやらしい。

自らいやな世界に入り込んでおいて「俺様の話を聞け」とばかりに振舞う人って
利き手に関係なく「頭がおかしい」としか思えないんじゃないかな?

たぶんこういう人は例えは悪いけど、怪我とかで完全に利き手が動かなくなった
(あるいは切断とかでなくなった)人に対しても上から目線で日本の文化は
うんたらかんたら講釈垂れて利き手じゃない方を強要しそうですね。

恐い恐いw

222 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/30(金) 01:23:41 ID:sm/Bs333
>>217
俺は、小さい頃に過度のストレスかけられるくらいなら
たとえ一生でも、ふとした時にイラっとするほうがいい。

怒鳴られたり叩かれたりしてもできないよ。
『努力が足りない』の一言で切り捨てられればそれまでだが。
どれくらい努力してるとか、目に見えればいいんだけどな。

223 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/30(金) 02:43:03 ID:cX43ziQ+
みんななげぇよぉぉ
左利きが書きやすい左で字を書く。ただそれだけで起こるなよぉ

224 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/30(金) 09:25:28 ID:4mQkkOs/
正直ドッチでもいいよな大きなお世話だ

225 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/30(金) 10:09:23 ID:Cv2MiyMM
そうだな。
両手使えたらもっと都合いいけどな天才で、両手で別の文字を書く奴いたら
凄いよな。

226 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/30(金) 10:10:52 ID:Cv2MiyMM
><
、、、、の位置と改行をミスっちまった。

227 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/30(金) 12:39:49 ID:/RN+mkoh
ここは左利きが矯正を頑張るスレだよ
矯正嫌厨は入ってくんなよ

228 :鏡の向こうの名無しさん:2009/01/30(金) 13:48:52 ID:cX43ziQ+
なにそのスレ設定w

229 :鏡の向こうの名無しさん:2009/02/01(日) 02:19:27 ID:7oqi4y2j
きれいに書くのを諦めれば
左で文字を書いても特に気にならない
他人が判読できるレベルはクリアしてるし

御霊前とかは人に書かせる

唯一問題があるとすれば
右に直せと言われた時に面倒臭いくらいだな

230 :鏡の向こうの名無しさん:2009/02/16(月) 19:17:31 ID:FpbYa8rs
オバマ

231 :鏡の向こうの名無しさん:2009/03/08(日) 13:04:58 ID:fM1OA1Qw
右手で書くと吃音になるとすぐわめく奴がいるが、サッカー選手は両足で蹴れる
ように努力するだろ。中村俊輔は両足で蹴れるが吃音になったか?
というか本当に危険なら子供にサッカーやらせるの危険だろ!
優秀なサッカー選手になるには両足を自由につかえないといけないから。
というかあらゆるスポーツがそうだろう。
それとも手で書く場合だけ吃音になるとでもいうのか?

232 :鏡の向こうの名無しさん:2009/03/08(日) 13:25:33 ID:z8V8oV0e
ということは字をうまく書くひとは両手で書けないといけないとか言うんですかね?

233 :鏡の向こうの名無しさん:2009/03/08(日) 13:26:03 ID:z8V8oV0e
あっ、スポーツは関係ないって言いたいのです

234 :鏡の向こうの名無しさん:2009/03/08(日) 16:36:14 ID:ENdr8EPv
>>232
違うね。
スポーツをやっても吃音にならないのに筆記の矯正をした場合
のに極端にリスクが高いかのように言う人の主張が如何に変か
を指摘しただけだよ。

235 :鏡の向こうの名無しさん:2009/03/08(日) 17:07:26 ID:/dxJcEP8
>>231
どう考えても難しさでは
利き手じゃない方で字を書く>>>>>>>∞>>>>>>>>利き足じゃない方でボールを蹴る

だろ。やろうと思えばどっちでも蹴れるよボールなんて。

236 :鏡の向こうの名無しさん:2009/03/08(日) 17:52:45 ID:CmIWE9o+
>>235
あのさ、スポーツで一流になるためにはどれだけの精度が求められる
んだよ。
利き手で字を書くと言っても達筆を求められるわけじゃないだろ。
サッカーの場合、もの凄い緊迫した状況で正確にコントロールして
蹴ることを要求されるだろ。


237 :Blood Type:2009/03/08(日) 18:29:55 ID:VeS/xBvD
自分は『左利き』で生まれ厳しい環境で育ったので箸、ペンは右利き、スポーツは左利きです。
幼少時代は左手を使うと良く怒られ、泣いていました。大人になった現在、両親に矯正の理由を聞くと『恥ずかしいから』という答えが帰ってきました。
大人のエゴで『左→右』に変換するのは良いことではないと思う。左利きで生まれた子供は脳が左利き用になっているので無理矢理変える必要はない。
『左利きは〜』という差別的な考えは良くない。実際、幼少時代に何で怒られているのかも分らなかった私はその両親が行った行為によって『トラウマ』になっています。

238 :鏡の向こうの名無しさん:2009/03/08(日) 18:39:47 ID:z7NTTduJ
>>236
じゃあ、その一流のサッカー選手とやらは利き手じゃない方で字が書けるの?
できないんならなんの説得力もない。

239 :鏡の向こうの名無しさん:2009/03/09(月) 00:05:00 ID:rXEHm95m
矯正の話になるとさ、
「矯正(右の強制)は障害の可能性があるから悪! 科学的に証明されてる!
  一方、矯正のメリットは科学的データは皆無だ! よって矯正は人権侵害だ!」
みたいな話になるけどさ、矯正することで右を(矯正されていない左利きより)使う
ようになることはメリットだと思う。
アメリカのデータで、左利き(アメリカは大半が矯正されない)は右利きに比べて
10年近く短命だという有名な研究があったよね。
もちろん、そのデータだけを持ってどうこう言うつもりはないが、左手ばかり使う人の
無意識のストレスは、矯正によって受ける短期間の集中的なストレスよりも少ないんじゃ
ないかと思ったりする。科学的ではなく、感覚的な話だけどね。

かく言う自分は、子供のころにえげつないやり方(左手を包帯でぐるぐる巻き)で
字を書くのは直された。あと箸と包丁、刃物類全般もね。
字は右のほうが圧倒的に書きやすい。左でも書くけど、書いてる手でじが隠れたり、
手首をくの字に曲げながら書いたりするより、右で書いたほうが姿勢もいいし、いいよ。
ただ、右でなかなか形が決まらないと思っていた絵が、左でデザインをしたら一発で決まる。
頭の中にあるものを取り出すのは(特に造形的なもの)、利き手の方が得意みたい。
そのほか、スポーツや生活全般はほぼ左。

240 :鏡の向こうの名無しさん:2009/03/09(月) 00:36:35 ID:rXEHm95m
ちなみに自分は20代後半で、↑のように矯正されたわけだが、
筆記が左の人の努力が足りないとか、努力ができない人だとは思わない。
最近、何人かの財界・学界の有力者で左筆記の人と仕事を。
一人は超がつくような元エリート官僚。トップまで上り詰めた人。60代。
鉛筆は左、箸は右だったから、おそらく字は矯正を断念したんだろう。
一人は超優良企業の元副社長で今はほかの有名企業の社長。60ちょい。
鉛筆は両方(ほとんど左だが、右でも持ってた)、箸は左。
もう一人は最高学府の教授。かなりの要職。50代半ば。
鉛筆も箸も左。自分で「なおされなかった」と明言してた。

まぁ、できる人は左で書こうが右で書こうが優秀。
俺みたいなのは右で書いても凡人。

241 :鏡の向こうの名無しさん:2009/03/09(月) 02:55:01 ID:Sw1MPoJa
字は右が書きやすいとかスポーツはどうとかうだうだうるせぇなぁ
日常では右も使うよ
でも字は左利きなんだから左で書くってだけだよ
科学的根拠とかメリットとかもうそんな話じゃねぇんだす

242 :鏡の向こうの名無しさん:2009/03/10(火) 01:52:55 ID:fnMjj6F0
いやー日本の文字扱ってる限り、字は右のほうがいいと思うよ。
あと箸も、テーブルマナーのひとつと割り切って右にするべき。
理不尽に思えても、食事のマナーって他人は厳しく見てるからしかたない。
もちろん左利きも個性だと思うし画一化するのはよくないけど
実害でる場合はなるべく小さいうちに直したほうがいいんじゃないかと。
まあ俺は>>239みたいなすごい矯正は受けてないし
矯正がトラウマでも障害でもないからのんきに構えてるんだが。


243 :鏡の向こうの名無しさん:2009/03/10(火) 02:56:00 ID:/ljEr1j2
鉛筆だけは力入りすぎて断念した。習字みたいに力入らないようなことならいける

244 :鏡の向こうの名無しさん:2009/03/10(火) 22:01:41 ID:4xApakdh
短命だろうが何だろうが右にする気無し

245 :鏡の向こうの名無しさん:2009/03/12(木) 11:21:25 ID:/IyImZ3e
>>242
のんきに構えてるなら他人のことは放っておいてくれ。

246 :鏡の向こうの名無しさん:2009/03/12(木) 22:42:48 ID:tNl2zZV3
いつまで経っても右手で箸が上手く使えないんだけど

左手に箸を持って普通に食う
右手に箸を持ってもたもた食う(よく箸から零れ落ちる)

どっちがマシ?

247 :鏡の向こうの名無しさん:2009/03/15(日) 21:13:52 ID:3FPq7Yjd
>>246
時と場による。本当なら、左手で臆せず食べればいいと思う。
でも、矯正を受けて、それが中途半端(自分もそう)だと、どうしても
引け目みたいなのを感じて、迷いが出る。年配者が多いところだと右になる。
普段は左。

その点、矯正も受けてなくて、ある程度自分に自信もあるやつだと、
どんなところに行っても左で堂々と食えるのかなとか思う。
ただ、どうしても日本では左で箸やペンを持つと、ああのこうの言われるのは現実。
それがどんなに優れた人であってもね。

248 :鏡の向こうの名無しさん:2009/03/21(土) 21:51:21 ID:fmEZS1u7
なんか深いね。
矯正されたから、左を使うことは悪いことみたいなイメージなのかな。

かくいう自分は、筆記は直された。筆記を左手でやってみると、書いた字が隠れるのが不便で、
右の方がいい。
特に万年筆はペン先が傷みそうだし紙破れそうだしでやっぱり右がいいかと。

箸はどうもうまく使えず、幼稚園で拒食状態になったため、親があきらめた。
今更(20代後半)直す気はしない。
でも、仕事関係で食事中に「ぎっちょか?みっともねぇな」といわれたりするよ。


249 :鏡の向こうの名無しさん:2009/04/02(木) 00:32:48 ID:EQqvkuVP
中途半端に強制されると左右の判別が瞬時に出来なくなる

250 :鏡の向こうの名無しさん:2009/04/02(木) 16:46:03 ID:CsPw1WV2
左利きで字を右に直された人で「右の方が書きやすい」なんて言ってる人いるけど、本気で言ってるの?
私は左利きで右に直されたが、手は怠い、頭痛くなる、字は汚くなるで限界だった!
20数年右手で文字だったがついに右手が悲鳴をあげた。
今は筆記は左に直した。こっちが断然楽チンだ。
見た目は異様だけど。

251 :鏡の向こうの名無しさん:2009/04/02(木) 21:44:47 ID:SVjhI7Ov
字を書くことがめちゃ多い仕事してますが、一番いいのは両方で書けるのが
個人的にベストです。どちらかでのみ書いてるとそちらの肩と腕が凝る。
タイプするのが楽でいいけど仕事の性質上無理。

さらにいうと早く的確に「処理」するなら
漢字が画数多すぎて辛いです。英語の続け字が楽でいいです。

252 :鏡の向こうの名無しさん:2009/04/03(金) 10:42:48 ID:gsoeaBvG
俺は右利きだけど野球するときは左だぜ?

253 :鏡の向こうの名無しさん:2009/04/03(金) 15:08:27 ID:jBB02GDl
だから何

254 :鏡の向こうの名無しさん:2009/04/26(日) 15:14:36 ID:xrmpY+9s





255 :鏡の向こうの名無しさん:2009/04/27(月) 23:05:01 ID:sTUJqLtG
字を書くのが右に矯正された左利きの男には丸字が多い。
女は右利きも左利きも丸字が多い。利き手で書く男は字がかくかくしてる。
とゆう統計がある。

256 :鏡の向こうの名無しさん:2009/04/27(月) 23:40:43 ID:TOw27jW3
へぇ

257 :鏡の向こうの名無しさん:2009/05/14(木) 23:33:47 ID:V20vY41c
今時丸文字書いている女性ってのも見かけないけどな。


258 :鏡の向こうの名無しさん:2009/08/14(金) 09:27:32 ID:zzZFa+zn
つか、今時、書類はパソコンで提出するだろ?

ワープロとか置いてある、オフィなんか、知らないんで
ご め ん な 

259 :鏡の向こうの名無しさん:2010/03/16(火) 08:51:05 ID:pCDGBIf2
>>258
なにこいつw

260 :鏡の向こうの名無しさん:2010/06/26(土) 22:41:35 ID:YWu+RXsW
やりやすい方でやればいいんだよ

261 :鏡の向こうの名無しさん:2010/07/16(金) 11:12:28 ID:VCkBi/eq
>>251
草書で書けばいいじゃん。
全部覚えるのに大して時間かからないよ。
速記をマスターするのもいいかも。
早稲田式速記なら半年通信講座を受けるだけで一通り文字を書くことが
できるようになるよ。

262 :鏡の向こうの名無しさん:2010/07/27(火) 14:42:09 ID:6dNc1NVk
>>255
一年以上前の書き込みに亀レスだが、
俺は左で書く字を意図的に丸文字になるように矯正したから例外的な存在なのかも、って思っただけ。
トメハネ払いが綺麗にかけないからいっそのこと書かなくて済む方法をとったら結果的に丸くなった。
右で字を書くとトメハネ払いが綺麗にまとまって快感ですw 普段は左書き。

79 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)