2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

海外法人設立ってどうなの?

1 :名無しさん@どっと混む:2009/10/15(木) 12:22:47 ID:TJxsbO1u0
登記や税金、メリット、デメリットについて

2 :名無しさん@どっと混む:2009/10/15(木) 13:32:35 ID:dOjtGhjo0
たしかに民主政権で国内は一気に急降下
これからも、マイナスになるような政策しかないし
円高のうちに海外に逃げると言うのも有りだが
海外に移住しないことにはメリットもないと思うが・・・・・・。


3 :名無しさん@どっと混む:2009/10/15(木) 21:08:42 ID:CVPUQJsH0
やっぱメリットは税金じゃない?

4 :名無しさん@どっと混む:2009/10/15(木) 22:20:05 ID:8/nzs3HF0
日本で商売するのなら同じですよ。

5 :名無しさん@どっと混む:2009/10/15(木) 22:35:47 ID:8/nzs3HF0
4ですけど、日本で商売をするのでしたら日本の税務署に申告しなければならないわけでして、その際個人でするか、海外法人の日本支社を法務局で登記をした上で法人として申告するかになります。

海外法人だからと言って優遇されている訳ではありませんから税務上ではメリットもデメリットもありません。

手続き上では、その日本支社の登記をしたり、海外で商売をしていれば勿論ですが、アメリカの場合はしていなくても確定申告をしなければなりませんから、ちょっと面倒です。

6 :名無しさん@どっと混む:2009/10/15(木) 23:51:22 ID:WtWrFh8d0
ちょっと興味ある。
税金に関してはアメリカのデラウェア州とかなら、そこで商売してなければ毎年5、6万円くらいのフィーを払えば良かったと思う。
日本での利益はもちろん日本の税務署に払う必要あるが。

7 :名無しさん@どっと混む:2009/10/16(金) 01:24:32 ID:kaF3poG40
その金額出すなら日本版LLC作った方が安あがり。

8 :名無しさん@どっと混む:2009/10/16(金) 02:24:27 ID:jh+3iESX0
自分が勤めている会社、本社?(と呼んでいいのかどうか?)はハワイにあります。
はじめはよくわからなくて、「ウチの社長ってすげえ。英語もペラペラなのかな?」とか思ってたけど、
つい最近、簡単にハワイに会社設立できることを知りました(笑)
メリットは何なのかな?海外法人設立代行会社が儲かるだけとか!?

9 :名無しさん@どっと混む:2009/10/16(金) 09:28:40 ID:tqEb27tN0
4&5です。
自分はハワイに法人を作りました。
毎年業者に6万払ってます。維持費とか、それと現地で商売をしているわけではないですけど、決算出して申告もしなければなりませんからその代行費用ですね。

決算書はきちんと送られて来ますよ。当然0が並んでますが(笑)
2通あって、1通は控えで、もう1通に自分のサインをして一緒に送られて来た現地の税務署の住所が書かれた封筒に入れて送ります。
郵便局で「アメリカまで航空便でお願いします!」この瞬間は格好良いですね(笑)

10 :名無しさん@どっと混む:2009/10/16(金) 11:07:11 ID:5KGO8I4p0
>>7
だよね。
まぁ見栄え的なメリットとして、外資系とかLLCでも名刺には株式会社って
刷れるとこかな。
アメリカの法律に基づいた株式会社なわけだけれども。


11 :名無しさん@どっと混む:2009/10/16(金) 18:13:32 ID:ERPDd5Vb0
決算書にサインかあ。筆記体なんて中学校以来書いてないなあw

12 :名無しさん@どっと混む:2009/10/18(日) 17:43:58 ID:pKkpFzse0
デラウェア州に設立した人のブログ見たけど、結局日本でも登記しなきゃいけないみたいだし、
だとするとメリットは何だろう?

13 :名無しさん@どっと混む:2009/10/18(日) 19:33:44 ID:fhIhnRSvi
9です。

うちは元々個人で外国人と関わる仕事をしていたので海外で何か事業を展開できないかとの思惑があったのと、単に格好よさそう(実際は胡散臭く見られますが)との理由で立ち上げました。

結果はどうであれ何か理由があるのなら海外法人も悪くはないかと。
でもできる限り日本で普通に会社を立ち上げるのが無難ですよね。

以前は日本で会社を立ち上げる場合、資本金として有限会社は300万、株式なら1000万は必要でした。更にプラス諸費用。結構敷居が高かった訳です。
そこで目をつけられたのが海外、特にアメリカ法人な訳です。
資本金は1ドルでOKですし、海外在住の外国人でも大丈夫ですから。
解説本を手に可能な限り自力で済ませれば5万位で済むようです。うちは業者にお願いしましたが、30万は行かなかったと思います。

これが最大のメリットな訳ですが、今では日本でも資本金1円から株式会社ができますからそれがなくなりましたね。

14 :名無しさん@どっと混む:2009/10/18(日) 19:48:52 ID:fhIhnRSvi
続きです。

会社が立ち上がりましたら、最寄りの法務局で日本支社と言うか出張所の登記の手続きをします。結構簡単です。費用は印紙代位ですか。業者にお願いしても確か2万位だったかと。
その後は最寄りの税務署と都道府県税事務所に届け出ます。
この際、会社設立の経緯が普通でなくても、一般の法人として扱われます。これが第二のメリットですか。

うちは青色申告をして、毎年都税事務所には利益に関係なく7万、税務署には当然利益に応じた税金を納めています。

15 :名無しさん@どっと混む:2009/10/18(日) 22:24:21 ID:JlglGL3U0
日本で設立するよりかなり安く済みそうですね。

16 :名無しさん@どっと混む:2009/10/19(月) 00:35:59 ID:GueVGV6Hi
いえいえ、今は日本でも1円株式会社がありますからね。金額面でのメリットはもうないです。

17 :名無しさん@どっと混む:2010/04/03(土) 13:53:52 ID:mKAzTkmM0
海外法人を、たとえばシンガポールで作ったとして、
顧客は日本在住の日本人

しかし支払いは、顧客が持つ海外口座から会社のシンガポール口座へ
この場合は日本に税金を払う必要ないよね?

ちなみに実態のある「物」は一切扱いません。ネット上での情報サービスのみです。

18 :名無しさん@どっと混む:2010/05/21(金) 00:21:17 ID:2ScnXmyD0
>>17
日本在住の日本人が海外法人に情報サービスの対価を払う時点で所得税が
課税される(実際は日本在住の日本人が源泉徴収する義務を負う)。
法人税も恒久的施設が日本にあるならシンガポール法人であろうと
法人税が課税される。
…そんなのお構いなしに脱税してやるぜーというなら止めはしない。

19 :名無しさん@どっと混む:2010/06/08(火) 05:12:11 ID:+Asm3+AY0
>>18
料金を支払う側が源泉徴収しなければいけないってこと?
手段として現実的じゃないような
しかも、国内を1円も流れない取引じゃ補足するのも極めて困難


20 :名無しさん@どっと混む:2010/07/03(土) 02:03:41 ID:A9aVm5Kr0
またヒヨコがいつもの戯言を書いているので、いつものやつをコピペ化して投下しておく

http://members.at.infoseek.co.jp/just1bit/yamato/logfiles/topic1/012.html
[松本]
・・・どんどん殺すから、殺すと後は作れないよと(西崎氏に)言ったことはある。
だから、なるべく登場人物を死なせずに、再生できるようにしておかなければダメだと言っているのに聞かない。
その場、その場のウケをねらうわけですよ。
それはお涙ちょうだいでその場はウケますよ。
    −−−−−−
てな具合にCOMIC GON!にソースがある。さらに復活編では、松本零士抜きでもやることは変わらない
ところ見せてくれた西崎P。後先考えないところはプライベートでも同じで、タイホ歴多数。

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)